PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

りんごの木 宮崎 お弁当*オ-ドブル

宮崎市清水町*予約注文制のお弁当の店「りんごの木」公式blogです。日々のお弁当の写真や、お知らせを掲載しています。webサイト http://ringonoki-obento.com/ 電話(0985)31-6370です!
<< 本日のオードブル | main | おやつはチョコレートとチーズ >>
簡単なバターコーヒーの作り方

20190714_2875496.jpg

まず、温めたカップにバターまたは、ギーを入れます。(グラスフェッドが望ましい)

 

20190714_2875498.jpg

コーヒーを淹れます。(湯温は90℃くらい)  抽出の最後の方には雑味が入るので、落とし切らない。

 

 

20190714_2875506.jpg

C蟒个靴織魁璽辧爾魏垢瓩討いたサーモボトルに移し、MCTオイルを大さじ1くらい入れ、しっかり蓋を閉めて(がっちり蓋のできるサーモボトルでないと、熱い中身が噴き出て危険ですので必ずガッチリ蓋の閉まるサーモボトル・300mlくらいを使用して下さい) → サーモボトルで直接コーヒー作れるなら、その方が早いです。

 

しっかり蓋を閉め、蓋を抑えながら、バター・コーヒー・MCTオイルが混ざるように(※ミルラ化させる、といいます。この状態が体脂肪を溶かす効果の高いエネルギーになります。) 一生懸命シェイクします。

 

 

20190714_2875500.jpg

しっかり混ざると、自然にこのように泡立ちます。容器の中においしい泡が残るので、細長いスプーンなどでサーモボトルからカップに再度移したコーヒーの上に、こんもりとのせます。

 

 

20190714_2875502.jpg

完全無欠最強バターコーヒー完成です。

 

この手間を省いたのが・・・りんごの木バナーで紹介した、Mother's Market ギーオイル+MCTオイル です(笑) すげー。すでに数名の方が予約注文してるみたいです。わたしはめんどくさがりではないので、MCTオイルとグラスフェッドバターを1垤愼して小分けにして使用しています。うちの妹(5ヶ月でマイナス8)は、りんごの木バナーで紹介してる青い容器のギーと、MCTオイルを使用し、離乳食を作る用に購入した小型のハンドミキサーでバターコーヒー毎朝作ってるとのことでした。写真がアップできるのであれば、顔の大きさが半分になった妹と、きれいに脂肪が消え去った私のお腹をお見せしたいです(笑) 基本は低糖質ですので、パン・パスタ・うどん・クッキー・ケーキなどの粉物を控えます(可能な限り抜く)半日断食が基本になりますので、例えば、夜7時に晩ごはん食べたら、昼12時までは何も食べません。(晩ごはんから昼ご飯まで、16時間〜17時間空ける)

 

そこで午前中のエネルギー源として登場するのが、このバターコーヒーです。簡単に言うと、半日断食の間に、体脂肪を優先的に使用するスイッチの役目を果たします。このコーヒーを朝食代わりに飲みます。最初はお腹空くけど、3日〜1週間で慣れます。バターコーヒーと、ゆで卵に塩をかけて食べるのはOKです。(どうしてもお腹空いたときのおやつは上のブログに書きました) バターやギーには、ビタミンAが豊富に含まれているので、肌もきれいになります。

 

昼または夜は、高たんぱく質、米、野菜類をしっかり食べる。スープやお味噌汁(インスタントでも可)に、MCTオイルをスプーン1杯いれて昼や夜に摂取。甘いものは夜食べる。私は夜に、おはぎ(月1くらい)と生甘酒を飲みます。

 

最近はかなり周知の方法とは思いますが、一応書いてみました。

| - | 08:20 | - | - | - | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS